金買取時に本物の金か見極める方法

金買取時に本物の金か見極める方法 金買取時にそれが本ものなのかメッキ品なのか見極めることがどうしても必要になります。
金メッキが施されている場合は磁石を近づけるとそれに反応してくっつきます。
近づける場合は留め金ではなくチェーンの部分にあてるのがポイントとなります。
金買取の際には本物の場合には刻印があるのが普通でこれが無い場合は偽物の可能性があります。
刻印は18金の場合は18K、24金なら24Kと刻印されているものです。
あるいは金のパーセンテージで585とか1000という形で表示される場合もあり、こういう場合は本物の可能性が高いとされています。
刻印でもGPとかRGPのように金メッキであることが一目でわかるように刻印されている場合もあります。
海外では刻印がある場合でも偽物の場合もありますから、海外製の場合は疑ってかかることが大切となります。
本物かどうかを調べる方法に硝酸をかけるという方法があり、金では反応しませんが、偽ものの場合は反応して緑色の泡が出るとされています

郵送でやり取りできる金買取の便利さ

郵送でやり取りできる金買取の便利さ これから金買取を依頼するときに便利なのが郵送買取です。
少量の金であっても対応してくれますのでわざわざ店舗に足を運んで交渉する必要もありません。
また遠方に居住の場合やなかなか忙しくて時間が取れない場合にも便利です。
申し込み方法の簡単でインターネットから買取業者に買取申し込みを依頼するだけで自宅に段ボールなどの梱包キットが届くためそれに梱包して送り返すだけで到着翌日には買い取り業者から電話やメール、あるいはFAXで査定額が通知されます。
もちろん金の査定あ無料で実施されますので査定額に満足頂けなかった場合は返却されるので安心です。
金の買取価格は店舗によって若干異なってくるので郵送買取は最も高い価格で売却することができるといったメリットがあります。
また現在金の買取価格は上昇を続けていることから需要も高くあり、資産形成としての価値も高いためすでに使用しなくなっているものがあれば金買取の郵送が大変便利です。