金買取の「純度」の知識

金買取の「純度」の知識 金買取を依頼する時に「重さ」を意識すべきです。
金はgで値段が変動しますが、重ければ重い程、買取金額が上昇するのもポイントです。
しかし、重量は金のみの扱いになりますから、それ以外に入っている銅や銀は価格の対象から外れます。
純度は重要なところですが、アクセサリーでは14金、18金、24金等と呼ばれるのが基本です。
24金は純金、18金は24金の24分の18(75%)、14金は24分の14(約60%)になります。
当然に1番、24金買取が高いですが、他も買取の対象になるのは通常です。
質屋からリサイクルショップ、専門店まで幅広く売れますが、1gの相場は店によって違うところは目立ちます。
高く売却したいなら質屋が良いと言えますが、各質屋ごとに値段も微妙に違うのがポイントです。
1番高く売りたいなら、インターネットを使って相場を確認する方が速い上に、手間も省けて労力も減ります。
ブランド品の買取価格が圧倒的に高いところは査定に期待しやすいです。

金買取の「金メッキ」の知識

金買取の「金メッキ」の知識 金買取は、指輪やネックレスなど、金が使用されているアクセサリー類などが扱いの中心となります。
しかし、金買取の際の、一つのネックとなるのが金メッキ製品についてです。
純粋な金ならば、一も二もなく買取が可能ですが、金メッキとなると受け付けてもらえないケースが、以前は往々にしてありました。
金メッキは、確かに金でありますが、薄く薄く伸ばしたものをはりつけたものです。
一見すると美しいですが、中身には純金に比べるとその価値に差がありすぎます。
そのために以前は買取出来ないことが多かったのですが、近年は買取可能なショップも増えてきています。
金そのものに価値は正直ありません。
が、磁石に反応する製品の場合、金の下にあるのはプラスチックなどではなく、貴金属ということになります。
そちらの価値が、メッキ以上の価値となります。
買取が可能となった理由は、金の価値ではなくて、貴金属の方に価値を見出すという逆転の発想があったからなのです。